HP ProBook 6560bを起動させるBIOSパスワード入力画面になりパスワードが不明・失念してしまったとのことで解除いたしました。

パソコン修理・出張パソコンサポートのルキテック。メーカー修理よりも格安。安心・迅速・懇切丁寧! - BIOSロック解除 BIOSパスワードがわからなくなった 修理しました。

トップページ > 修理日誌 > BIOSロック解除 BIOSパスワードがわからなくなった 修理しました。

BIOSパスワードがわからなくなってロックがかかってしまった。

投稿日:2018年03月11日

パソコン修理専門店 ルキテック 橘@大阪@本町です。 

電源を入れるとパスワード入力が求められパスワードがわからないので先にすすまずOSが起動出来ないとのことでパソコン修理を東京からお送りいただけました。
ご依頼をいただき有難うございます!

HP ProBook 6560bです。

パスワードがかかっているとのことで、状況をみるため起動させて確認してみましょう。

BIOSパスワードがかかっております。


Windowsが起動するまえのパスワードはBIOSパスワードです。
Windowsが起動してきて入力するのはログインパスワードです。
BIOSパスワードがわからないとWindowsが起動出来ないため厄介です。
入力は3回チャンスがありますが、間違えると一切入力が受け付けなくなり電源ボタンを押して電源を切るしかありません。
もう一度起動させると3回間違えるまで入力はできるのですが、正解のパスワードを入力できるまで永遠ループし、エンドレス(滝汗)

もはや都市伝説かとも思われるC-MOS電池を抜いても解除はできません…

手段としてはマザーボード交換かパスワードの解除しか方法がありません。
メーカーに修理の依頼をするとマザーボード交換のご案内となり高額になります…。

ルキテックではBIOSパスワード解除致します。

早速解除のため修理にとりかかります。
分解します。
分解してEEPROM BIOSチップを取り外して解析します。
TPM暗号化がかかっておりますが、そこは腕の見せ所。。。

 詳細は省略しますが、バイナリーを見て作業を行います。
英数字の羅列です。
しかも暗号化がかかっているので超難解!
平文では書いてないので、そう簡単にはいきません(滝汗)



目を凝らしながらBIOSパスワードを解除するため作業します。
えい!(作業を擬音で表現)
解除成功しました!

さて起動させてみましょう!!
OSが起動しました!
BIOSパスワード解除成功しました!!

BIOSパスワード入力を求められることなくWindowsが起動しました!
LAN接続・液晶パネル発色テスト・CPU検査など沢山の検査項目を設けており検査しております。
ただ解除しただけではく、パソコンとして動作するか厳しい検査をおこないます。
問題なく各種動作検証も完了いたしました!

CMOS電池の交換のご依頼もいただけました。
パソコンの電池やBIOS設定を保存する電池なのですが、取り付け取り外しは本体の裏蓋を開けると見えるのですが、特殊な形状をしており家電量販店などでは売っておりません。
取り寄せも可能なのですが、値段が高いのと時間がかかってしまいます。
どうするかというと作ってしまいます。
交換するまえに電圧を測ると電圧を測ると3.075Vとギリギリ3Vはありますが、分解して作ります。
端子で接続するCMOS電池となっておりボタン電池ではありません。



バッチリ作成完了!

新品電池の電圧は3.267Vあります。
作って電圧を測りばっちり電圧が出ております!

BIOSパスワード解除完了!

BIOSパスワードがわからないとOSを起動させたりUSBメモリやCDからBOOT起動させることができないばかりか強制電源オフになりパソコンの使用に制限がかかります。
お困りの際はご相談くださいませ。

 BIOSパスワードがわからなくなった場合解除致します。

データや設定もそのままで修理完了です。
データ保護第一優先の修理を行ないます。
パソコンを修理せずデータを救出してお渡しすることも可能です。

パソコン修理・データ復旧のご相談・御見積のご依頼は、
パソコン修理専門店 ルキテック 06-6484-6102

データ復旧のご相談は・お見積のご依頼は、
データ復旧専門店 データハンター 0120-937-202

 LINE@はじめました。
お得なクーポン配布予定です。

友だち追加


Menu